車輪 の 下。 車輪の下症候群―転落したエリートたち―

高橋健二訳『車輪の下』

下 車輪 の

🔥 今回、ここで改めて高橋健二訳の 『車輪の下』 を検討することにしたのは、今年、2003年に、実に35年ぶりでこの作品を通読してみたからです。 建物は数百年のあいだに、おちついて美しい緑の周囲と、高雅にしっくりと溶けあっている。

15
高橋訳は 「町の人間同士の礼儀の鉄則」 でまあまあですが、「の」 が3つも続いているのが不器用。 心に余裕がなければ、目の前の幸せにも気づけないのだ。

『車輪の下 (新潮文庫)』(ヘルマン・ヘッセ)の感想(664レビュー)

下 車輪 の

☎ 1分でわかる車輪の下のあらすじ 出典: ハンスは天才的頭脳の持ち主。 ハンスは故郷に戻り、少しずつ昔の豊かな心を取り戻す。

2
しかし問題児・ハイルナーは自由を求めて神学校から放校されてしまいました。

車輪

下 車輪 の

💔 ドイツの田舎町に、生まれつき優れた学問の天分を持った少年がいました。

16
(…)りっぱな蔵書は、ほとんどみんな新しい、きれいにラックを塗った、金ぴかの背中を見せていて、ふつう牧師の蔵書に見られるような、色のあせた、ゆがんだ、虫にくわれかかった、かびくさい書物は、どこにも見えなかった。 それらが全て奪われ、「抑圧されていた」。

車輪の下とは

下 車輪 の

😭 そしてハイルナーの夢を見るのですが、夢の中でハイルナーはハンスにこう言います。 校長先生はハンスの態度に腹を立てました。

8
しかしこの訳は現在は新本では手に入りません。

『車輪の下 (新潮文庫)』(ヘルマン・ヘッセ)の感想(664レビュー)

下 車輪 の

📞 知性的な問題児だった。 モモなどの作品で文学に興味を持った人には是非オススメです。 著者 ヘルマン ヘッセ 出版日 本作のタイトルでもある「車輪の下」という言葉は、作中で1度だけ登場します。

5
作家はノーベル文学賞を受賞したドイツのヘルマン・ヘッセ。

車輪

下 車輪 の

😁 牧師は学術的・科学的に宗教を捉えようとする人で、民衆的・直感的に神を崇拝する親方からは嫌われている。

ハンスは死ぬことを考え、死ぬための縄をつるす枝を決めました。

救いなんてない。それでも。『車輪の下』あらすじ(ネタバレ)と感想

下 車輪 の

🤲 しかし、三日でその店をやめて、消息を絶ってしまった。

9
淡々と続く生活の中、やせ細った青白い少年は、おそらく自分が追い詰められていることにも気づいていない。 奔放であると同時に、憂鬱な芸術家で、自分の悲しみを楽しむ子供でした。

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』の詳しいあらすじ

下 車輪 の

💔 最後の山の訳文ですが、それぞれ一長一短です。 貧しい家庭の主人公ハンスは、父親や教師の督励で難関の試験に合格して神学校に入るが、やがてノイローゼで退学、心身ともに傷つき、川で哀れな死を遂げる。 比較した3つのなかで岩淵達治訳が最も優れていることは明らかでしょう。

7
ほろびようとしている世代の、古めかしく尊厳な先生たちのなかに生きているのとは、ちがった精神なのである。