所存 です。 「所存」とは?意味や使い方をご紹介

「所存でございます」の正しい意味とは? 使い方や類語、例文を紹介

です 所存

☣ ここでは意向の意味と使い方を確認しましょう。 「でございます」の方が柔らかい言い方になるので社外の人に対して使い、「所存であります」は 社内の上司に対して用いることが多いとされます。

2
「存じております」「ご存知ですか」が「知っています」「知っていますか」の意であることはよく知られていますが、これに通じる表現です。 また、お客さま宛のメールで、今後の姿勢を宣言するために用いることもできます。

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由|ニフティニュース

です 所存

💙 例としては「先方のご意向」「上層部の意向を受け」「上司の意向を踏まえて」というようになります。 このような表現をしている人がたまにいますが、 「所存」の意味を考えると間違いだとわかると思います。 「所存でございます」を使う相手 先述した通り「所存」は謙譲語ですので、自分の行為に対して使う言葉です。

17
ここでは、「所存でございます」の類語や英語表現についても簡単に紹介します。

「所存」の意味や読み方、ビジネスでの正しい使い方は? 履歴書・志望動機にも使えるかをチェック!

です 所存

❤️ 「心がある物事を目指して動くこと」という意味で、書き言葉・話し言葉両方で使います。 2 二重表現に注意 日本語表現の中の誤用に見られることが多いのが二重表現やダブルミーニングと言われるものです。

6
「それが先方のご意向です」などとすれば、「それが先方の考えです」ということを表せます。

「所存でございます」の正しい意味とは? 使い方や類語、例文を紹介

です 所存

☘ ビジネスシーンでは決意や改善策を伝える場合に使う ビジネスシーンでも「所存でございます」という表現を使う場面は多々あります。 この言い回し、正しいでしょうか? 正解は、「所存」が「思う」という意味を持っていますので、「思う所存でございます」は二重表現となり、誤りです。 主にメールなどの書き言葉、スピーチなどの改まった場面で使用する「所存」ですが、似たような意味を持つ言葉は他にも多くあります。

17
「〜したいと思っています」と伝える時に、「思った所存でございます」と使用してしまいがちですが、これは誤用です。 また、「be going to~」というフレーズを使うと、「あらかじめ決めていたことをする」という意味を表現できますよ。

「所存」の意味や読み方、ビジネスでの正しい使い方は? 履歴書・志望動機にも使えるかをチェック!

です 所存

⚠ 「思います」よりもしっかり敬語表現として「所存です」を使うことがふさわしい場面と言えます。

17
「所存」という言葉で「思っている」ことは伝わりますので、重ねて使わないよう、注意しましょう。

「考えたい所存です」という言い方がNGな理由|ニフティニュース

です 所存

😜 「思う所がある」や「今日の所はここまでにしよう」などの例文で考えるとイメージできるのではないでしょうか。 その中で、チラシやリーフレット以外にあいさつ状を添えたい時にも使えます。

15
「所存でございます」は二重敬語だから誤りと紹介されているものもありますが、実はこれは正しくありません。 しかし、意味はまったく異なるので注意してください。