Mina コイン。 南島原市での地域通貨「MINAコイン」のサービス開始について

アイリッジ子会社フィノバレーの支援する九州初の本格デジタル地域通貨「MINAコイン」が提供開始

コイン mina

😙 コインをご存知でしょうか?私は蝶乃舞さんの動画ライブで初めて知ることになったのですが、今回ミナコインを詳しく見てみることにしましょう。 本サービスは南島原市内限定で利用できる電子マネーで、南島原市域内での資金循環の拡大と域外からの資金流入等を図ることで、地域経済の活性化に寄与することを目的としています。 十八親和銀行口座をアプリに登録済みのユーザー同士であれば、ユーザー間の送金も行えます。

電子地域通貨「MINAコイン」 電子地域通貨MINAコインの利用方法はいたってシンプルである。

南島原市の地域通貨「MINAコイン」開始(FFG/十八親和銀行)

コイン mina

🤭。 参考:南島原市ホームページ. 「南島原の通貨、皆の通貨」という意味です。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

15
締切:開催日の前日 前日が休日の場合はその直前の平日 申込み:参加会場、事業所名、出席者氏名および電話番号をメール、FAXまたは電話で申し込んでください。 市商工振興課によると、加盟店は運用開始時の256事業所から増え、今月中には300事業所を超える見込み。

地域通貨「MINAコイン」運用開始 南島原 256店で利用可能

コイン mina

😅 市内で流通するお金を限定し、地域全体の経済を活性化する目的のため市内の事業所や加盟店のみ利用できる電子マネーになる。

2
株式会社アイリッジの連結子会社でフィンテック事業を展開する株式会社フィノバレーの支援する、長崎県南島原市のデジタル地域通貨「MINAコイン」が、2021年2月1日(月)から提供開始されました。 また、自治体と金融機関が連携する強みを活かし、南島原市が付与する行政ポイントの受け皿としての活用や、地域の情報インフラとしての活用も見込まれています。

南島原の電子通貨「MINAコイン」 活性化の「有効打」なるか 定着へ価値創出が鍵(長崎新聞) 長崎県南島原市と十八親和銀行などが1日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

コイン mina

😭 対応機種・機能等は今後予告なく変更する可能性があります。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 。

11
横浜銀行が福利厚生のため一定金額の補助もある仕組みである。 実際の画面とは異なる場合があります。

【特集】電子地域通貨「MINA(ミナ)コイン」2021年2月スタート(予定)

コイン mina

🙄 商品券のデジタル化に留まらない、コインでの二次流通ができる本格デジタル地域通貨としては、九州で初の事例となります。 サービスは地域経済活性化と新型コロナウイルス対策として実施。 また、十八親和銀行においては合併後初の取り組みとなり、金融庁が推進する「オープンAPI」に則った「更新系API」を接続することで、今後さまざまなユーザビリティの高い機能を実装できるようになっている。

株式会社フィノバレー 株式会社フィノバレーは、デジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を軸としたフィンテックソリューションを通じて、世の中の様々な課題の解決を目指しています。

九州初の本格デジタル地域通貨、南島原市のMINAコインを提供開始。コロナ経済支援策で50%プレミアムも

コイン mina

😅 本サービスでご提供する機能 1. 市商工会、 株 ミナサポ、 株 ふくおかフィナンシャルグループ、 株 親和銀行、 株 十八銀行および市の6者により「地域通貨事業の展開における連携協力に関する協定」を締結して準備を進めており、利用開始は令和3年2月を予定しています。 地域独自の電子通貨の仕組みで、市内でお金を循環させて、市外への流出を抑制し、地域経済の活性化を目的としており、全国的にも珍しい取り組みです。 キャンペーンは南島原市の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を原資とした総額1億5,000万円相当額のキャンペーンとなるそうだ。

18
ラディアンを支えるコインであり、ラディアンと絡めることで大きな利益を生み出す可能性を秘めたコインです。

長崎県南島原市、2021年2月地域通貨「MINAコイン」発行へ

コイン mina

🤐 「MINAコイン」は、南島原市役所、ふくおかフィナンシャルグループ 福岡県福岡市 および十八親和銀行 長崎県長崎市 が取り組む、長崎県南島原市を対象とするデジタル地域通貨である。 口座連携されない場合は、銀行窓口もしくはチャージ機からチャージできます。 上限に達した時点で終了)などの効果もあり、銀行窓口での登録・入金や店舗での購入でにぎわった。

13
対象者:アプリ(無料)をダウンロードされたユーザー• 交換単位:1円=1コイン• 本キャンペーンを始めとしてコロナ禍における事業者や市民の方々への支援ツールとしても活用していきます。

南島原市での地域通貨「MINAコイン」のサービス開始について (2021年2月1日)

コイン mina

🖕 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 。 加津佐町で中華料理店を営む濱龍一郎さん(42)は「(1〜14日までの)売り上げの約2割がMINAコイン利用者。

決済手数料もかからず、売上として得たコインはそのまま加盟店同士の仕入れにも使えることから、支払いから入金までのタイムラグによる店舗負担の解消と、地域内での経済循環を活性化する効果が見込めます。 専用の決済端末は不要、かつ決済手数料無料で利用できる。