ボルボ v60 クロス カントリー。 V60 Cross Country

ボルボ、日本国内全モデル電動化が完了…S60 と V60クロスカントリー にマイルドハイブリッド導入

クロス カントリー v60 ボルボ

☏ 近年ボルボはディーゼル市場からの撤退を示唆している。 試乗に供されたのは、V60クロスカントリーだ。

4
衝突被害軽減システム• ドリフドウッドと言われる木目パネルが非常におしゃれです。

ボルボ V60クロスカントリー カタログ PDF

クロス カントリー v60 ボルボ

✊ 7mと大回りだから取りまわし性は良くないが、ボンネットが視野に収まり、ボディサイズの割には運転しやすい。

10
クルマを見れば、人気の理由がわかる 乗り心地はやはりストロークの長い足を持つことから、ベースとなったV60よりはあらゆるシーンでソフトな印象を受けた。

ボルボ、日本国内全モデル電動化が完了…S60 と V60クロスカントリー にマイルドハイブリッド導入

クロス カントリー v60 ボルボ

🤗 荒れた路面やGがかかるようにカーブを曲がっても、案外車内は平和でビックリしました(着座姿勢やシート性能もあるのでしょう)。

5
パワートレインは、最高出力254ps/最大トルク350N・mを発生する2L直4ターボと、2L直4スーパーチャージャー+ターボ+電気モーターのPHEVで、こちらは最高出力318ps+87ps(モーター)と、同253ps+87psの2種類が用意される。

ボルボ V60クロスカントリー vs ボルボ V60 を比較しよう!~ / 輸入車・外車の中古車情報ならカーセンサーエッジnet

クロス カントリー v60 ボルボ

🍀 ABS• Wエアコン• 自動駐車システム• 温かみあるスカンジナビアン・デザインと安全性に加え、ハイエンド系ドイツ車とアプローチの異なる高効率プラットフォームが高く評価されているが、北欧の厳しい冬の環境に鍛えられた安全性には無論、パッシブ・セーフティだけでなくダイナミック・セーフティ、つまり能動的安全性が含まれている。 冬に備えてスタッドレスを購入しました。

1
【乗り心地】 最初はカドがあるような乗り心地が少し気になっていましたが、1000kmを超えたくらいからマイルドになってきました。

ボルボ V60 クロスカントリー|価格・新型情報・グレード諸元

クロス カントリー v60 ボルボ

🤝 サンルーフ• しかし、ワゴンをベースにしてクロスカントリーモデルを作る手法は近年特に市民権を得てきたようで、VWは『パサート・オールトラック』や『ゴルフ・オールトラック』。

12
静粛性の高い上質な走りと、高い環境性能を両立する48V ハイブリッドを搭載したB5 AWDエンジンには、ボルボが誇る最新の電動化技術が注がれています。 ワゴンベースSUVの元祖 SUVというジャンルが台頭してきたのは1990年代。

ボルボ、日本国内全モデル電動化が完了…S60 と V60クロスカントリー にマイルドハイブリッド導入

クロス カントリー v60 ボルボ

⌚ パワートレインは「T5」と呼ばれる最高出力254ps、最大トルク350Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンに8段ATを組み合わせて搭載。

ステーションワゴンとSUVの良いとこ取りでオリジナリティーを求める方。 2kmのEV走行可能 S60に設定するリチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDは、ボルボの中大型車向けプラットフォーム「SPA」をベースとしたPHVモデルだ。