キヨ 夢 小説。 【キヨ レトルト 関係】2人の関係について詳しく調べてみた!

「キヨ」タグ関連作品

夢 小説 キヨ

😆 イベントの出演について さまざまなイベントに出演しているキヨとレトルトですが、LEVEL. でも、一番の理由がそれを告げられたとき泣かない様に あたしから出るだけの涙を出し尽くすために そして泣いていたことを知られないように 赤く腫れた目を少しでもマシにするために でもね、思ったの キヨからフられるんじゃダメだって・・ だってキヨはあたしからフられるのをずっと待ってた あたしがフられて泣かないようにするために だから、 だからあたしがキヨに別れをつげるんだ・・ そう決意した 「キヨ・・話があるんだけど・・」 「・うん・・」 キヨも何かを感じ取ったのだろうか 話があるとつげただけ、 何の?と聞かずにあたしについて来てくれた 場所は屋上 これで最後になるであろう行動・・ 屋上へのドアに鍵を差し込む・・ 「話って何・・?」 「うん・・あのね・・?」 「・・・」 あんなに硬く決心していた 言う言葉はとても簡単 たったの5文字 でも、 すごく緊張して 足がガクガク震えだす・・ でも イワナキャイケナイ 「・・キヨ・・」 「・・なぁに?」 「・・・別れよう・・・」 言ってしまった キヨは無言・・・ 安心してるのだろうか・・ それとも、自分が言おうとしてた事を先に言われてびっくりしてるのだろうか? そう考えていたらキヨが口を開いた 「・・・それは・・に好きな人ができたから・・?」 「・・・え?」 「に今俺よりも好きな人ができたから・・ その人と付き合うために別れたい・・そういう事・・?」 なにを言ってるのか理解できない それはキヨの方でしょう・・? あたしは・・ あたしは今でもキヨが好きなのに・・ 「黙ってるって事はそういうことか・・な。 ハリポタパロディ小説を作りました。

12
「ラブノット」 まどかさん• でもあんたも大概すごいね。 でもは泣いてた。

[キヨ]人気者、幼馴染み。[実況/歌い手]

夢 小説 キヨ

♥ こちらもご一緒にどうぞ。 主人公は淳の彼女設定。 あたしを愛してくれてありがとう。

10
「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん• 版権元が必ず許可している物ではありません。 キヨちゃんデレたらヤバいですほんと。

「キヨ」タグ関連作品

夢 小説 キヨ

☘ それでが幸せになれるならそれでいーよ。

17
「キヨ」タグ関連作品 - ランキング 001. WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 主人公は宍戸の幼馴染み。 誰も引退しないです!! — レトルト retokani LEVEL5のイベントが最後と公表され、引退の噂も出ていましたが、レトルトのTwitterにて引退を否定していたので一安心したファンも多かったのではないでしょうか。

夢小説…弐 携帯ホームページ フォレスト

夢 小説 キヨ

♨ 「「I feel. 転校初日に跡部に目を付けられて… ラブリーベイベー 菊石蘭華様キリリクの真田主役の甘夢です。

14
反則ですよありんこはん。 それは、あたしがそう思ってただけ・・ そして、あたしが怖くて・・怖くてそう思い込んでただけだった・・」 「・・・!!」 「それで、本気でキヨに裏切られたって思った・・。

ハル×キヨの夢小説ってないですかね??もしなければ、キヨみた...

夢 小説 キヨ

⌚ ずっと、ずっとあたしがキヨの浮気のことを何も言わなければ キヨはずっとあたしの所にいてくれるって思ってた。 俺、に別れを告げたれたときどうしていいか分からなかった に、俺より好きな人が出来たんだ。

1
今まで楽しかった。 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• どうして・・どうしてを泣かせるんだ・・って」 「・・え」 「言ったでしょう?それでが幸せになれるんならいいやって。

[キヨ]人気者、幼馴染み。[実況/歌い手]

夢 小説 キヨ

👈 俺いくら彼女だからって女の子泣かすのすきじゃないんだよねぇ~」 「キヨくん!!」 「分かった!!分かったから!! 明日ね!明日には別れようって言うからさ、 もうちょっと待ってて・・」 そう言ってキスを交わす2人・・ 今までと 違う何かが あたしの心の中を渦巻いた 騙されてたんだ きっと、キヨは気づいていた・・ あたしが起こしに行くたびに違う女の子の名前を呼んで あたしから別れを告げてくるのを待っていたんだね キヨは優しいから・・ いつからそんな事を考えていたのかは分からない 本当は初めてそれをキヨの口から聞いたときから 別れたいと思われていたのかもしれない でもキヨは優しいから 彼女とか関係なくて 女の子が泣くのが朴って置けないから・・ だからしかたなくあたしと付き合い続けていたのかもしれない・・ そっか、本当はもっと早く分かってあげるべきだったんだ あたしの元に戻ってくるなんて考えちゃいけなかったんだ 早く 早く別れてあげるべきだったんだ・・ 気づかなかった・・ あたしはそれから暫くその場を動く事が出来なかった でもそんなとき後ろから声がかかって・・ 「あっくん・・?」 「何やってやがる?」 それと同時に外からも物音が聞こえた・・ そしてあたしは思わずあっくんの手を引いて走って逃げた もしかしたら今の聞かれたかもしれない あたしが聞いてた事がばれちゃったかもしれない そう考えたら怖くって 後ろでなんか言ってるあっくんに気がつくこともなく無我夢中で走った そのうちあっくんも何も言わなくなって それと同じぐらいにあたしの息もきれちゃって・・ 屋上から大分離れた教室まで来ていた・・ 「・・おい」 「・・!!あ、ご、ごめんあっくん 急に走り出しちゃって・・手、痛くない・・?」 「何言ってんだ・・・そんなヤワじゃねぇ・・」 「そっか・・ごめん・・」 「・・あそこに・・・誰がいた・・?」 「・・キヨとね・・あたしの友達がいたの・・」 その後あっくんは何も言わないであたしを抱きしめてくれた あっくんは優しいや・・何をしていた・・・ 何を聞いていたってきかないんだもん・・ ありがとう・・ ごめんね・・ そう呟いて 暫く涙を流した それを誰かが見ているなんて知らないまま 次の日、あたしは学校を休んだ キヨに別れを告げられるのが怖かった・・ それもあるかもしれない。 二次創作サイトなどを知恵袋のような公の場、様々な考え方を持つような場所に出さない、アンチなどが見てサイトを荒らすこともあります。 二次創作はなければ自分でやるんですよ? たとえ悪意がなかったとしても、あなたは荒らしになってるってことわかりますか。

1
もし、もしまだ俺のことを少しでも・・すこしでも好きでいてくれるなら これを受け取って・・ 一緒に・・また屋上に行こう・・」 嬉しかった キヨの気持ちが 言葉だけじゃなくて あの鍵に気持ちがすごく込められてたから・・・ 本当に嬉しかった あたしも あたしもキヨが好きだよ・・・ 「キヨ・・・ありがとう・・・本当にありがとう あ、あたしも、あたしもキヨが好き・・・」 涙が溢れる 「・・じゃあ・・!!」 久々のキヨの笑顔 心からの笑顔が見れた 「・・・でもね、その鍵は受け取れない・・」 「・・・え?」 そう・・ 「あたしね、キヨと一緒だよ。