春雷 歌詞。 米津玄師 春雷 歌詞

春雷 歌詞「ふきのとう」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 春雷

😋 「嵐」は恋が巻き起こした激しい感情として既出の表現ですが、僕の気持ちがまだあなたを追っている状況ですので「どこへやら」とは噛み合いません。

6
色鮮やかな季節に突然始まった恋。

【米津玄師/春雷】の歌詞の意味を徹底解釈「春雷」の読み方は?過密された歌詞の意味を紐解く!

歌詞 春雷

🍀 瀬口侑希 春雷 作詞:小野塚清一 作曲:桧原さとし 恋の焔 ほのお が あかあかと もつれて 燃える 外は稲妻 抱かれて すがる夢情け 悔やみはしない 戻れない 罪を承知の ひと夜に 身を焦がす 行かないで 傍 そば にいて この手離さない ため息を かき消して 鳴りひびく 春雷よ 青い迷い火 めらめらと 闇夜に 燃えて 爪の先まで あなたの 色で染まります 波打つ肌は 騙せない 更多更詳盡歌詞 在 そうよ確かな 絆が 欲しいのよ 行かないで 傍にいて この手離さない 寝顔見て 愛しさが また募る 春雷よ 悔やみはしない 戻れない 罪をしかるか 弥生の 走り雨 行かないで 傍にいて この手離さない 明日 あした への 希望 のぞみ の灯 ひ 消さないで 春雷よ. 宙を舞う花があなたみたいで心が乱された。 試聽 在 KKBOX 中開啟 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師 現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいんだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ 揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今 頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった 全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て あなたがくれたプレゼント ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ 深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった 甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ 花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか 宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした 身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ カラカラに枯れ果てるまで ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻 聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて 焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ. 取り残された陽だまりの中で 身をやつすほどの恋はまだ終わっていない。

17
むしろ、そうすることによってあなたとの繋がりを保っていられるので、僕にとっては大事な感覚なのです。

米津玄師 春雷 歌詞

歌詞 春雷

💓 【作詩】:上田ケンジ 【作曲】:小田原 友洋 【編曲】:十川知司 【時間長度】:4'12'' 【收錄】:第21張單曲「ビロードの闇」、「39」 【解說】:本作品是一首電子搖滾風味強烈的樂曲,歌詞內容所描繪出來的世界非常纖細,加上帶有令人懷念的哀愁歌謠曲風,旋律的重疊唱法除了兩人來唱外不做第二人想,真可說是近畿小子最拿手的作品了。 しとやかな黒髪、透き通る肌、繊細な美しさが伝わってきます。

9
あなたの眼の蒼さは、単純に瞳の色なのでしょうか、それとも空の蒼さが映っているのでしょうか。 ふらふら揺られた後には甘い香り、喪失感、あなたの幻が残る。

【歌詞翻譯練習】 春雷 米津玄師 【日文+中文】 @ 日曜十一時 :: 痞客邦 ::

歌詞 春雷

👣 ここでは雷がついに雨を伴って大荒れの天気になっています。 理由は明確にされていませんが、あなたは僕を残してどこかへ去ってしまいますし、僕は以前にも触れることを怖がっていました。

12
まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ カラカラに枯れ果てるまで ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻 ひいらぎの解釈心はまだあなたを忘れられない。 米津玄師 春雷 現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいんだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ 揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今 頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった 全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て あなたがくれたプレゼント ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ 深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった 甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ 花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか 更多更詳盡歌詞 在 宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした 身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ カラカラに枯れ果てるまで ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻 聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて 焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ• 花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか 宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした 身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら ひいらぎの解釈春が過ぎればあなたはいなくなる。

【歌詞翻譯練習】 春雷 米津玄師 【日文+中文】 @ 日曜十一時 :: 痞客邦 ::

歌詞 春雷

😅 どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて. ここで僕が騙されたいと願うのは、この恋が叶わないものだとわかっているからだと考えられます。

8
青天の霹靂と言う言葉も連想されます。 【日語歌詞】 いちまい しゃしん うつ 一枚 の 写真 に写った かのじょ な 彼女 は泣いていた はる あらし なか 春の 嵐 の 中で かのじょ な 彼女 は泣いていた し まち し ひと すがた 知らない街の知らない人の 姿 に きゅう なみだ と 急 に 涙 が 止まらなくなる まも 守ってあげたい …なぜ? しゅんらい いま ぼく 春雷 が 今までの僕を か 変えてしまうだろう ひ と ため ぼく ため 他人の為?いや僕の為? りゆう 理由なんてないさ いま きみ あ ゆ 今、 君に逢いに行く き そう決めたよ ぐうぜん て と 偶然、手に取った しゃしん 写真 からはSOS はげ あらし そこ 激しい 嵐 の底で かのじょ な 彼女 は泣いていた そつぎょう かたち 卒業 は 形 どおりじゃなくていい いま いっぽ しん 今の 一歩を 信じていれば ぐ ら で ゅ え し ょ ん それぞれのグラデュエーション しゅんらい いま ぼく 春雷 が 今までの僕を か 変えてしまうだろう こうどう ただ 行動 が 正しいかどうかなんて ぼく わか 僕には判らない きみ あ ゆ でも、君に逢いに行く き そう決めたよ しゅんらい ゆうき 春雷 がくれた勇気から なに み 何を見つけるのだろう ゆうかん ゆめ 勇敢 な 夢じゃなくていい なに か 何かが変わればいい なみだ いとたど 涙 の 糸辿 れば み きっと見つかるさ きみ あ ゆ だから、君に逢いに行く き そう決めたよ 【羅馬拼音】 《Shunrai》 Ichimai no shashin ni utsutta Kanojyo wa naite ita Haru no arashi no naka de Kanojyo wa naite ita Shiranai machi no shiranai hito no sugata ni Kyuu ni namida ga tomaranaku naru Mamotte agetai. 言葉を使っても身振りを使っても足りないと感じてしまう僕のもどかしさに相まって、どんなに衝撃的な出来事だったかが表現されています。

春雷

歌詞 春雷

😂 しかし僕は離れている間にもあなたのことを忘れられず、再会できたからと言って浮かれることもありません。 春雷の歌詞の意味を徹底解釈 1番 現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ ひいらぎの解釈春の真っ最中に現れたあなたは、えも言えぬほど輝いて見えた。

18
心が散らばるような悲しみも、どんな思いも、 あなたが与えてくれたから喜んで受け入れる。 現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ 人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ 揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今 頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった 全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て あなたがくれたプレゼント ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ 深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった 甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ 花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか 宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした 身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ カラカラに枯れ果てるまで ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻 聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて 焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ いつか消える日まで そのままでいて 言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ 嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって 刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ. その目に映る世界をあなたがどう感じているのか知りたくて 頬に手を伸ばした。

春雷 歌詞 瀬口侑希 ※ thesharingtreefl.org

歌詞 春雷

😋 風が強くなるのも、この時期の特徴の一つです。 それでも思いが枯れ果てるまでは、僕は恋を続けていたいようです。

8
聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて 焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ ひいらぎの解釈聞きたい言葉も伝えたい想いも、笑ってしまうくらい山ほどあるのに あなたを前にすると何も出てこなくなってしまう。 而且在這首單曲裡,近畿小子兩人還久違地也參加了合音。

春雷 歌詞 瀬口侑希 ※ thesharingtreefl.org

歌詞 春雷

👋 嵐のようなあなたはどこへ行ってしまったのだろう。 従って、「全てあなたの思い通りにしてあげる」と言う僕の言葉だと解釈しました。 甘い香りを残していずれ消えてしまうあなたへ、恋心が焦がれる。

甘い、幸せな香りを漂わせるそれは、しかし咲き誇る花がやがて散ってしまうのに似て、いずれ終わってしまう儚さも秘めています。