随時 意味。 「随時(ずいじ)」の意味や使い方 Weblio辞書

【適宜】と【適時】と【随時】の意味の違いと使い方の例文

意味 随時

😈 「適宜」の意味は、• 「漸次」は「暫時」と混同されて、「漸時」などと使われることが多いです。

12
「次」は「続く」という意味で、「次点」「逐次」といった熟語が使われています。

「適時」「適宜」「随時」「逐次」意味の違いや使い分けと例文・類語

意味 随時

✌ 「随時利用できる」ならば「好きな時にいつでも利用することができる」というニュアンスになります。

2
期限や期間を設けないで、柔軟な対応をすること、必要に応じて何かを行うことを表現する言葉です。 「順次」は順に進んで処理していく動きのこと。

「順次」の意味とは?「随時」との違いや使い方の例文・類語も解説

意味 随時

✋ ビジネスシーンでは、むしろ許可を申請したり、一度話を通してから決まった形式で何かを行うことが多いのですが、不定期・不定形な業務フローに関しては「随時」と改めて表現するほうが良いのです。 「適宜」は「随時」と同じように使える場合と使えない場合があります。 ただし、随時という言葉を使う際には、そのタイミングに制限や期限が存在しません。

10
「都度」の意味と使い方と例文 「都度」は <つど>と読みます。 …続きは随時更新! その他の随時の例文一覧 その他、随時に関しては様々な使い方・用例があります。

「随時」の意味と正しい使い方は?順次・適宜との違いも解説

意味 随時

⚒ 「随時」は、 「時に随 したが って」と読むことができます。

ゲームのデータを随時更新する。

「随時(ずいじ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

意味 随時

🙌 「」とは、に対応するといった意味であり、や性はなく「」や「非」にのままに動くことを意味する「随時」とは、がる。 「その都度対応します」は「毎回対応します」という意味になり、「随時対応します」は「いつでも対応します」という意味になります。 「随時」は「いつでも」「好きなときに」と、時期を特定せずにいつでも行うといった意味合いです。

2
そのため、下記のようにビジネスシーンや顧客向けの連絡事項の文章では、頻繁に使用されます。 問題に一人で対処できなければ、随時連絡するように。

「随時・適宜・適時・逐一・逐次・都度・常時・順次」の意味の違いと使い分け

意味 随時

🤚 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 「順次」は、順序を追って物事をする様子・順番に何かをする様子を表します。

1
順を追って進む」を意味します。 」「その場その場で臨機応変に状況に合った行動をすること。

随時(ずいじ)の意味と正しい使い方とは? 英語例文や誤用・類語を紹介!

意味 随時

☝ 「順次・逐次」の使い分け方 三つのうち、「随時」は順番に関係なく、その時々に好きな順で行う場合に使うということがわかりましたね。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

1
たとえば取引先との会話が成りたたない。