ボウモア 12 年。 アイラの女王。「ボウモア 12年」BOWMORE

ボウモア サントリー

12 年 ボウモア

⚑ それはスコッチのモルトウイスキーづくりの大いなる遺産だ。 蒸溜所内には潮の香が漂い、とくにスコッチ最古の貯蔵庫、No. 品質を支える、伝統的な製法 一般的にモルトウイスキー作りは大麦を大麦麦芽にするモルティングという工程がありますが、 その品質を支えているのが、何と言っても「フロアモルティング」という伝統的なモルティングです。 ストレートの印象• その後、ロンドンからグラスゴーへ、そしてアイラ島へ、飛行機を約2時間乗り継ぎます。

10
夏、蒸溜所がメンテナンス期間に入ると、ウイスキー職人たちが総出で教会と蒸溜所の外壁を白いペンキで塗り直す。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。

アイラの女王。ボウモア12年のレビューまとめ

12 年 ボウモア

✌ スモーキーな香り、ピート香、爽やかな柑橘香がバランスよく組み合わされた中に、アイラモルトらしい個性的な潮の香りを感じられます。 ボウモアの製法には、大きく5つのステップが必要となります。

12
シンプル。 2018-01-21• シングルモルトの12年ものがこの価格帯で飲めなくなってしまうこと、本当にあり得るなぁなんて思う今日この頃のウイスキーブームです アイラ島は淡路島ほどの小さな島で、蒸留所もあの小さな場所から世界中にウイスキーが送られてくるのかーなんて考えると、思わずというレベルで感謝の気持ちが湧き出てきます ボウモア12年。

アイラの女王。ボウモア12年のレビューまとめ

12 年 ボウモア

💔 公式のテイスティングノート ドライなスモーキー感と柔らかなフルーティー感の調和が見事。

5
しかしアイラの女王と言われるだけのこともあって、 爽やかさもあり マイルドでとっても飲みやすいです。 1769年に建立され、悪魔が潜むことがないようにと影を落とす角がない。

ウイスキー ボウモア 12年 40度 箱付(角箱) 並行 700ml シングルモルト 洋酒 whisky 酒類の総合専門店 フェリシティー

12 年 ボウモア

😅 粉砕した麦芽を仕込水の温水とともに糖化槽に投入。 歴史を積み重ねた本格感、そして潮の香と甘美な気品を抱いた他のシングルモルトにはない孤高ともいえるこの香味特性は、こうしたボウモア蒸溜所の特異な立地と伝統が育んだものだ。

10
ブラック、ゴールド、ホワイトのシンプルな色使い・デザインがカッコいいですよね。

ボウモア12年

12 年 ボウモア

😀 訪ねたならば驚くことだろう。 0% おすすめの飲み方 さて、ここまでは ボウモア12年の歴史や製法など少し硬い情報でしたら、大切なのはその味ですよね。 1 Vaultsはそんな極めて稀な立地にあり、原酒樽熟成に理想的な環境をおよそ240年にわたり保ちつづけている。

ケルトの歴史が色濃く残る島でもある。 すごい個人的な感想になりますが秋頃に田舎では柿畑などで 落ち葉焚きをするんですが、夜に窓を開けていると 夜風で漂ってくる焚き火の残り香に似てます。

アイラモルトの女王『ボウモア12年』の魅力とは?味わいの特徴や飲み方を紹介

12 年 ボウモア

😁 海の香りを呼吸しながら熟成されるアイラモルト・ボウモアは「女王」とも呼ばれる気品あふれるフレーパーを放っています。 とくに初心者などこれからウイスキーを詳しくなりたいという人は、まずボウモア12年から飲み始めてみるのが良さそうなコメントが並んでいました。 【アイス】 キューブアイス(大きめの四角い氷)• 庫内の床は海面下に位置し、半地下のようなつくりともいえよう。

気軽に飲みたい時は柿の種などのお菓子もおすすめです。 海のシングルモルトを楽しめる まとめ ということで今回はボウモア12年をレビューしてみました。