アジア 開発 キャピタル 株価。 【9318】アジア開発キャピタル(株)が注目されている理由とは?

アジア開発キャピタル (9318) : 株価/予想・目標株価 [ADCC]

開発 キャピタル 株価 アジア

💙 「追跡中」とは、買いサイン点灯予想後の上昇率計測期間のステータスを指します。 575 357 381 483 422 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。

1963年7月 - 東証2部に新規上場。

アジア開発キャピタル(アジア開発)【9318】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

開発 キャピタル 株価 アジア

⚛ 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 2015年12月、同仁医療産業集団有限公司の株式持ち分を売却し、約7億3000万円のキャピタルゲインを実現。 現状、PBRは過去平均値より高い為、過去比較の観点からは割高と判断されます。

8
しかし等への投資失敗で損失を被り、2006年1月頃から株価は急落。

【9318】アジア開発キャピタル(株)が注目されている理由とは?

開発 キャピタル 株価 アジア

📞 2007年4月 - 小杉産業の経営権が系のレゾン投資事業有限責任組合へ移る。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。

9
すべて• 3,451位 3,388位 3,511位 3,358位 総資産 資産合計。 - -200 - 118 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。

アジア開発キャピタル(アジア開発)【9318】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

開発 キャピタル 株価 アジア

🤘 2003年11月 - 親会社である都築紡績がを申請。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 39 35 23 7 16 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。

18
1963年4月 - 額面変更のため休眠会社の岡田織布株式会社(1922年2月設立)に吸収合併される。

アジア開発キャピタル(9318):株価 7.0、決算2月予定、無配

開発 キャピタル 株価 アジア

💢 事業主体は、質による貸付と中古ブランド品の買取・販売。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。

18
マイナスの場合は税引前当期損失。 3 100 6658 シライ電子工業 株 4 90 4563 アンジェス 株 5 90 5981 東京製綱 株 6 80 2191 テラ 株 7 80 3891 ニッポン高度紙工業 株 8 80 4591 株 リボミック 9 80 5301 東海カーボン 株 10 80 6584 三桜工業 株 Yahoo注目度ランク 順位 ポイント コード 銘柄名 2ch注目度ランク 順位 ポイント コード 銘柄名 1 10080 6400 不二精機 株 2 5950 2191 テラ 株 3 3100 5940 不二サッシ 株 4 3020 6495 株 宮入バルブ製作所 5 2960 5909 株 コロナ 6 2720 7709 クボテック 株 7 2710 6982 株 リード 8 1810 8237 株 松屋 9 1800 7196 株 Casa 10 1510 5491 日本金属 株 総合ランキング 順位 コード 銘柄名 1 6400 不二精機 株 2 5909 株 コロナ 3 2191 テラ 株 4 5940 不二サッシ 株 5 7709 クボテック 株 6 6495 株 宮入バルブ製作所 7 6982 株 リード 8 8237 株 松屋 9 7196 株 Casa 10 5491 日本金属 株 11 2030 iPath VIX短期先物指数連動受益. 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。

アジア開発キャピタル(アジア開発)【9318】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

開発 キャピタル 株価 アジア

🐲 【相対比較】 一方、この銘柄のPBRは日本株全体銘柄の平均値と連動性が高い傾向にあります。 現在、2,211万m2の土地の買収が完了しており、土地の開発と宅地分譲を行っている。 投資判断においては、純資産関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。

5
利益を源泉とした剰余金を示す。

アジア開発キャピタル[9318]

開発 キャピタル 株価 アジア

🤪 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

3
『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。