青山 透子 ブログ。 公式サイトをお読み頂いた皆様へ 青山透子より

「御巣鷹山に堕ちるぞ!」33回忌を迎える日航123便墜落の新事実

透子 ブログ 青山

🍀 「日航123便圧力隔壁説を覆す」「日航123便墜落の新事実。 『 』青山透子 元客室乗務員だった、青山さんが墜落事故について丹念に調べて書かれた一冊を手に取りました。 この写真の真ん中の黒焦げの遺体をご覧いただきたい。

一家族に対して二名の世話役が担当し様々なサポートを行った。

直言(2019年7月22日)34年間隠蔽されている「日航123便事件」、法廷へ――早大法学部シンポジウム

透子 ブログ 青山

📲 ・繰り返し内圧が掛かることにより、垂直尾翼の外板パネルがめくれ剥がれた。 青山氏は、事故当日、日航の客室乗務員をされていましたが、その後、東京大学大学院を卒業し、博士号を取得されています。

8
は34年前からずっと使われていた。

日航123便墜落の真相を明らかにする会発足のお知らせ

透子 ブログ 青山

🙂 「日本経済から見る1985年」と題して、日本経済の分岐点が1985年9月22日のプラザ合意(先進5か国 G5 蔵相・中央銀行総裁会議が一方的に円高を要求して、日本がのんだ合意)であり、ここから日本経済の衰退が始まる。 調査は公式に終了している」とコメントしていますが、・・・やはり再調査の必要があるのではないでしょうか。 ・墜落場所が二転三転し、中々特定できなかった。

また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。 なお、昨年7月に開催したシンポジウムから1年間、公文書管理委員等を歴任された三宅弘弁護士と共に、や株式会社に対して情報公開を求めてまいりました。

あほ、事故原因が違うって?青山透子

透子 ブログ 青山

🤙 CIA、イルミナティが月刊ムーにやらせるやり方と同じ手法ですよ。 Hood,Dealing with Disaster in Japan:Responses to the Flight JL123 Crash, 2011を、発刊後すぐに購入していた。 昨年の直言から1年のうちに、事態は進んだ。

私はあなたの心に1%でも良心が残っているなら、決死の覚悟で中曽根が「墓場まで持っていく」と言った内容を暴露すべきだと思います。

青山透子「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」

透子 ブログ 青山

🍀 ***** BSMIという人へ警告する また面倒なことをしてくれたとしか言いようがない。 吉備氏も、本部長で機事故対策本部長をを務めた河村一男氏から急に「戦争になる」という言葉が飛び出してきたことを覚えているという。 さまざまな言い訳で書かれた報告書であった。

20
一つだけ言えることは、未だに完全に公開されていないボイスレコーダーを開示することが必要なのだと思う。

青山透子がブログで、偽JALパイロットが日航ジャンボ機123便事故の...

透子 ブログ 青山

💋 後押しがあるのだ。

18
そしてわたしたち、昭和に生まれた者は、その信じられない変化の波楽しむためにこの時代を選んで生まれてきたのだ!と、スピリチュアルの人たちは言っている 笑 何はともあれ。 ***** 本日、「123便墜落の真相を明らかにする会」が発足しました。

元日本航空の客室乗務員の青山透子のような人が許せないのですが、どう...

透子 ブログ 青山

😒 「ガソリンとタールの臭いが充満長時間燃え続ける物質は何か。

11
1985年の時点で防衛庁長官だった加藤紘一氏や運輸大臣だった山下徳夫氏へのインタビューの際の写真を示しながら、また、墜落現場上野村の黒澤丈夫村長の協力で得られた事実や情報を示しながら、地道な事実解明を行ってきたことを明らかにしていく。

あほ、事故原因が違うって?青山透子

透子 ブログ 青山

👀 従って、この事件の真相を明らかにすべく、法的手段を講じて情報開示請求を行うことをサポートして世間に広く伝え、これを究明することを目的とする。

7
つまり、35年間も私たちは「事件」を「事故」と思い込まされてきたことになります。