ムンク。 なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

《接吻》エドヴァルド・ムンク|MUSEY[ミュージー]

ムンク

🐝 何年も精神的な健康に悩まされていたムンクは、1908年にコペンハーゲンの病院に入院した。 友人は歩き続けたが、僕は胸の傷口が開いたまま、震えながら立ち尽くした。 同4月にパリのアンデパンダン展に作品を出品し好評を得ます。

11
の夏はオースゴールストランで過ごし、9月にクリスチャニアで72点の展覧会を開き、11月にはベルリンに移り住んだ。

エドヴァルド・ムンクの生涯と代表作・作品解説

ムンク

👀 大人の女性になる前の未熟な体つきの少女が、暗い部屋の中で両足の間に腕を組み、股間を隠すようにしてベッドに腰かけています。 当初、学校を中退した頃から画家になりたいということを父親に相談していましたが、猛烈な反対に合い、技師になるように勧められ専門学校へと通うこととなります。

9
にはやクリスチャニアのディオラマ館で展覧会を開いた。 幼少期に母親を亡くし、に姉の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかったのムンクには、「愛」と「死」とそれらがもたらす「」をテーマとして制作し、「フリーズ・オブ・ライフ(生命の)」と称した作品群がある。

《接吻》エドヴァルド・ムンク|MUSEY[ミュージー]

ムンク

✍ また、数年掛けて、同作品名の油彩と木版画を計4点制作している。 そのまま目を閉じてしばらく好きな音楽に浸る。 ムンクは1909年に退院すると、コペンハーゲンからノルウェーに戻りの小さな町に住み始めた。

17
今回のムンク展協賛企画のために、ノルウェーのムンク美術館の承諾を得て、コラボレーション作品「浸り」として、新たに描き起こされた油彩画だ。

【生と死を見つめた画家】エドヴァルド・ムンクの生涯を詳しく解説します!

ムンク

☝ 若くして、身近な家族の死と向き合ったムンクは、この時から「死」について強く意識することとなります。

11
幼い時から家族に次々襲いかかってきた病気と死は、ムンクの芸術に影響を与えたと考えられる。 二人の画家は、ムンクの色彩と技法に影響を与えた。

有名なムンクの『叫び』、実は叫んでいなかった

ムンク

😉 「ある夜、私が町を散歩していると、片側に町が見え、その下にフィヨルドがあった。 また版画家オーギュスト・クロの指導を受け新しい印刷技術に対する関心を高めます。 左から『不安』『叫び』『絶望』 ムンクの代表作には、ムンクの名を世界に知らしめた『叫び』のほか、『叫び』と似た背景を持つ『不安』や『絶望』があります。

6
ムンクが直接リトグラフ制作をしたもので、数枚、この世に残っている。 、マックス・リンデ宅で銅版を彫るムンク(38歳)。

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

ムンク

✊ 不気味な世界観が表現されていながらも、どことなく美しさを忘れさせないその魅惑の仕上がりが、ムンクの持つ画力のなせるわざなのではないでしょうか。 ムンクは、1905年を最後にオースゴールストランのサマー・ハウスをほとんど訪れなくなったが、これを「幸福の家」と呼び、終生手放さなかった。 クリスチャニアには、友人の画家アルフレッド・ハウゲとともにアトリエを共同で借りた。

19
映画『』で少年が叫ぶシーンにイメージが転用されるなど、パロディ化の影響もあって、橋の上の男が、自ら叫んでいるように誤解されることも多いが、実際には自然から発せられる幻聴に耐えかねて、耳を押さえている様子が描かれている。

「叫び」の落書きの主はムンク本人 筆跡が一致

ムンク

🙂 そして私は、 自然を貫く果てしない叫びを聴いた。 1889年、政府奨励金が与えられてパリで1年間留学することになります。 ムンクが1930年代にナチスによって「頽廃芸術」の烙印を押されたのも、彼のメンタルな作風がナチスの気に入らなかったためだ。

7
度重なる盗難でも有名ですね。 足を止めてフィヨルドのほうに目を向けると、太陽が沈みかかっていて、雲は血のような赤に染まりつつあった。

【アート解説】ムンクの『叫び』は叫んでいなかった!?

ムンク

🤔 「思春期」シリーズは、ムンクが名声を獲得してから描かれているものであり、非常にその思いが強く伝わってくる作品となっているのではないでしょうか。 一般的にはこの人物が「叫んでいる」と思われがちですが、こうしてムンクの手記を読んでみるとそうではなく、ここでいう『叫び』とは『自然を貫く』声であり、『色』の叫びであるなど様々な意味合いがあることが分かります。

「愛の芽生え」のセクションには『接吻』『マドンナ』など、「愛の開花と移ろい」には『吸血鬼』『生命の踊り』など、「生の不安」には『不安』『叫び』など、「死」には『病室での死』『新陳代謝(メタボリズム)』などの作品が展示された。 父クリスティアン・ムンク(1817年 - 1889年)は医者であり、1843年から、1849年からは陸軍を務めノルウェー各地の駐屯地を転々としていたが、1861年に ()と出逢い間もなく結婚した。

美術手帖

ムンク

😜 しかし、もともと体の弱かったエドヴァルト・ムンクだけに、リューマチ熱が頻発して学校を休みがちとなってしまいます。 ベルリンで「街に出られない」という対人恐怖症の発作に度々襲われたりもした。 そのフリーズは一連の装飾的な絵と考えられ、集められているが、むしろ『生命の絵』とするべきであろう。

3
2016年9月8日閲覧。